アートセラピー・ワークショップ 2016.7.31.sun

art2

7月31日(日)14:00-16:30 参加費: 1500円 水口 玲子さんによるアートセラピーのワークショップ 予約制: contact@kosaten.org 定員:10名 Art Work Shop ”内”と”外”の世界   「わたし」という存在は、”内”と”外”の世界を持っています。 心・感情、自分しか知らない自分。役割・社会に向けた、他者も知っている自分。どちらも「わたし」。   このアートセラピーを取り入れたワークショップでは、アート表現を通して、”内”と”外”の自分へコンタクトします。 アートという感覚的な手助けが、新たな発見を運んでくれるかもしれません。   作品の上手・下手やアートセラピーの経験は問われません。また治療目的ではなくオープンなワークショップですので、お気軽にご予約下さい。   日時:2016.7.31(日) 14:00〜16:30 場所:あなたの公−差−転 杉並区善福寺4-1-1和田ビル4F 参加費:1500円(画材費・お茶とお菓子付き) 持ち物:作品持帰り袋(A4サイズ)   お申込み方法 前日までにお名前と電話番号を contact@kosaten.orgまでお送りください。(FBで「参加」にしても必ずメールのほうでご連絡ください) 定員:10名   【プロフィール】 水口 玲子 Reiko Mizuguchi ■内閣府所管(一財)生涯学習開発財団認定マスターアートワークセラピスト ■京都造形芸術大学 日本画コース卒業 ■CiiAT(Canadian International Institute of Art Therapy) Clinical Art Therapy Diploma(2017年3月修了見込)   2006年~アートワークセラピスト活動を開始。 個人セッションやワークショップ開催のほか、 障がい者更生施設、精神科病院<造形教室>サポート、高齢者医療施設の療養・入院病棟で活動。   【アートセラピーとは】 立体や平面などのアート表現を通して、心身の健康を目指す心理療法です。様々な年齢、様々な環境にある人に対応し、芸術の上手・下手は全く問われません。 そしてアートセラピストは、分析的判断をしません。体験者の中にすでに答えはあるという信頼のもと、内的成長と気付きのアシストをしていきます。 効果 […]

鉄のカーテンの時代の反社会的なソビエトアート 2016.7.28.thur

28

鉄のカーテンの時代の反社会的なソビエトアート :1950-1980年代 7月28日(木) 19:30-21:00 参加費:1000円 ロシア出身のアーティストによるソ連アート講座シリーズを開催し始めます!毎月第4木曜日に 社会主義リアリズム しか許さないソ連においての地下アート運動とその影響を紹介します。今回は革命後のソ連の全体の状態、 スターリンと圧制とその中でも生まれたアバンギャルドについて語ります。 鉄のカーテンの時代の反社会的なソビエトアート。1950-1980年代。講義計画。全10回 1回1時間程度 ロシアの近現代美術についての講義シリーズ。ロシアにも近現代美術の動きがありましたが、冷戦もあったせいか、あまりロシアの現代美術は他の国では知られていません。ことに日本ではその情報はほとんど手に入りません。この講義ではソビエト政権下で、どのような現代美術の運動があったのかを紹介します。 講師: Nadia Kozulina ロシア出身。ロシアではグラフィックデザインとアートを学んでいました。グラフィクデザイナーとしての職務経歴があり、アート教室を設立し講師をしていたこともあります。イアマスIAMAS大学院での修士課程を受けれるために来日しました。イアマスを卒業し、現在東京に住んでいます。 第1回目. 革命後のソ連の全体の状態。アバンギャルド、スターリンと圧制(簡単に)。新しい美術の教義。アートのルールと制限。 アカデミックで公的なアート:スタイル、展示会、アーティストとしてのキャリア。地下活動(簡単に)。 第2回目. 1960年代の非協調アート。 スターリンの死と社会の変化。非協調アートの始まり。 非協調のアーティストの個人的なスタイル探し、その一。 リアノゾボアートグループ。 クロピヴィニツキー etc. ユリ ズロツニコフ ウラディミール ネムヒン アナトリー ズヴェレフ 抽象表現主義、比喩表現主義、形而上絵画、シュルレアリスム。 第3回目. 非協調のアーティストの個人的なスタイル探し、その二。 ウラディミール スレピャン ウラディミール ヤンキレフスキー オレグ ツェルコフ ウラディミール ピャティニツキー マムレーエフ グループ ハリトノフ シュワルツマン ユーロ ソーステル アンド ユリ ソーボリェフーノレフ 強制収容所アート。ソヴィエトシュルレアリスム。キリスト教信仰アート ソヴィエトポップアート。 第4回目. 非協調のアーチストの個人的なスタイル探し、その三。 フランシスコ インファンテ リェフ ヌーズベルグ ミハイル チェルニショフ 光学アート、ソヴィエトレディーメード、平面表面上の動きと量感。 マネージの1962の展覧会。フルシチョフのスキャンダル。 第5回目. 非協調のアーチストの生活、仕事、個人の家の展示。 公式アートや地下の関係。1962スキャンダル後のイベント。 第6回目. 1970年代。スレテンスキ大通りグループ。 イリヤ カヴァコフ ユーロ ソーステル エルンスト ニェイーズヴェステニー […]

mouth to mouth 50/50 2016.7.24.sun

mouth2

mouth to mouth 50/50 2016.7.24(日) 17:00-19:00 English and Japanese Language Exchange 日本語と英語エクスチェンジ リラックスになる雰囲気で、お茶を飲んだり、おやつを食べたりしながら、カフェスタイルで英語・日本語を勉強していきます。 A chance to study English and Japanese together in a relaxed environment. All newcomers welcome!

西荻Book Club: 自律とは? 2016.7.24.sun

auto2

西荻Book Club: 自律とは? 7月24日(日) 14:00-16:30 今までの読書会とちょっと違うことを挑戦したいと思っています。今回は一つの本・文章を読むではなく、それぞれの参加者は「自律とは何か?」と関連性があるテキストを持ってきてさまざまな視点から「自律」を考えていきます。For this addition of our bilingual book club we try something a bit new. Instead of reading just one book we invite all participants to bring along a text which represents to them questions of “independence/autonomy”.  Each member will be asked to introduce their selection in Japanese or English and explain […]

日常の行為の中の身体:パフォーマンス・ワークショップ 2016.7.23.sat

13220809_10153639479401989_2562057469834317899_n

日常の行為の中の身体:パフォーマンス・ワークショップ 2016.7.23(土)16:00-18:00 参加費: 500円 嫌なのに従う。好きなのにやめる。感覚よりも思考を優先し、身体を置き去りにしていませんか? パフォーマンスアーティストの北山聖子さんといっしょに自分の感覚を発見してみましょう。表現したいものを見出してゆくこと、そのこと自体がアートです。意識したことのない日常の行為や、行動の中に潜む自分に出会ってみてはいかがでしょうか。 北山聖子

「なんみんとつながる」#3 2016.7.18.mon

sp

「なんみんとつながる」シリーズ第3回 (English is below) ~ダンスやゲームなど身体を通じてつくる関係性~ この連続イベントは、難民と直接的な関係を築くことにより、彼らと、持続的に生きていく「場所」をつくることが目的です。 「難民問題」、その言葉を日々のニュースで見かけない日はないほど、世界中では様々な政治的・社会的・環境的要因により増え続ける難民の存在が問題視されています。 就労許可や在留資格を得ることができず、経済的・社会的にとても弱い立場の彼らはまた、精神的に大きな傷を抱えていることもあります。 誰もが自由に好きなように時間を過ごすことができる公共空間がほとんど存在しない東京という都市空間では、難民の方々が特定のコミュニティーに溶け込み、多様な他者、中でも「一般市民」と呼ばれる人々と繋がりを持つことは困難です。 同様に、多くの「私たち」にとってもまた、彼らと直接出会い、繋がる機会は限られているでしょう。 ニュース上で多く取り上げられているのとは対照的に、社会の中では不可視化されている難民ですが、実は同じ社会の構成員として身近に存在し、当たり前の事実として、私たちと同様に、1人1人が異なる経験やタレント、性格を有しています。 このイベントシリーズでは、多様な難民と個人的な繋がりをつくることで、共に生きていく「場所」をつくっていく感覚を、参加者が持つことができればと考えています。 第3回目の今回は、「ダンスやゲームなど身体を通じてつくる関係性」がテーマ。 なんみんの中には日本語や英語でコミュニケーションをとり、この社会で他者と関係性を構築していくのが困難な方も多くいます。逆も然り、フランス語やアラビア語など、彼らの母語をもって対話できる「私たち」も少ないでしょう。 けれども、彼らといると、気楽で、思いっきり笑える。 そんな信頼関係ができたのには、彼らの高い身体性が関係している、と分析しています。 お年寄りから子どもまで、誰もが参加できるゲームを通じて、身体の感覚を取り戻し、なんみんの皆さんとやわらかい関係を一緒につくりませんか? お昼はポットラックパーティ!参加者のみなさん1人1人が食べ物を持ちより、シェアしましょう。もちろん、なんみんの皆さんも手料理を持参します。お楽しみに! ————————–————————–————————–——- ・日時: 2016年7月18日(月・祝) 11:00~17:00(途中参加・退出ok) ・待ち合わせ場所: 原宿駅表参道口 ・参加費:1000円 ※参加費は全てなんみんの交通費に使わせていただきます。 ・定員:20名 ・持ち物: (1) みんなでシェアできる食べ物 (作るのが大変な方は購入してもいいですし、フルーツやナッツ等でもいいです。) (2) 飲み物(ご自身用) (3) 食器類 ・申し込み方法:sustainable.tokyo@gmail.comにメールでお申し込みください。(Sense of a Place 山口慧子/ 山塙ありす宛て) Facebookのイベントページで「参加する」を押しても、申し込みは確約されませんのでご注意を! Connecting with Refugees – vol.3 Dance and Games – A Relation of the Body […]

対話の実験室#13 「子どもの疑問2」 2016.7.17.sun

kids

対話の実験室#13 7月17日(日)14:00-17:00 「子どもの疑問2」 どうして僕はいるの? 頭がいいってどういうこと? なんで好きになるの?悪いってどういうこと? 無限は存在するの?など、子ども哲学で取り上げられた9つの質問のなかから、当日集まった人たちでテーマを1つ決めて対話をします。 10名まで。申込→sano★rajoe.com(★をアットマークに)

性の多様性を認め、より生きやすい社会について考える 2016.7.10.sun

kokodoko1

映画とディスカッションの会④ 7月10日(日)14:00〜17:00 性の多様性を認め、より生きやすい社会について考える〜映画「ココデナイドコカ」から〜 4回目の会では、「ココデナイドコカ」(中川あゆみ監督、2010年)を見ます。 この作品は、主人公の仕事や恋愛の悩みを淡々と綴りながら、LGBTQについて現代の日本社会で共有すべき課題を描いています。偏見を無くし、生きづらい空気を取り除くために、私たちは社会をどのように変えていくことができるのか?短い間ではありますが、すべての人にとって共通の課題を考えるための時間です。ディスカッションでは、カミングアウトや差別の問題だけでなく、性的指向にとらわれない、結婚・一人暮らし・老後のより良い生き方について考え、みなさんと一緒に話したいと考えています。

「参議院選挙を考える」 2016.7.9.sat

vote2

「参議院選挙を考える」 7月9日(土)  17:00-19:30 選挙の前日。投票について考える。 EU残留・離脱に関するイギリスの国民投票では、18-24歳の73%が残留に投票し、65歳以上の66%が離脱に投票しました。世代間の考え方の違いが明らかになり、次世代の希望が反映されなかったという声もあがっています。しかし、ある調査によると、18-24歳の投票率は36%、65歳以上は83%と大きな開きがあったようです。若い世代ほど投票率は低くなっています。イギリスの国民投票の結果を考える上ではいろいろな軸がありますが、世代間の差は一つのキーワードになっています。 日本では、今回の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上となり、選挙権を持つ人が240万人増えました。また、現在の日本の人口の4人に1人は65歳以上の方となり、その割合は過去最高とのことです。この国の将来は誰が決めるのでしょうか?今回の選挙でのあなたの「イシュー」はなんでしょうか?何を改善したいですか?何を守りたいですか?イギリスの結果と照らしながら、次の日の選挙について意見を交換しましょう。

地域パーティー 2016.7.3.sun

party

地域パーティー 2016.7.3 (日)14:00-16:00 参加費:500円(カンパ制) もっと地域と繋がりたいし、 もっと他の団体やグループと 協力したいと思っていますの で地域のために活動している 方をお呼びして、いろいろ 交流ができればうれしいです。 高齢者、子ども、障害を持つ方、 貧困問題を抱えている方、外国人、 難民、セクシュアルマイノリティ の方をサポートしている団体と 個人が集まり、少し異なる分野 でもお互いに新しい繋がりが できる機会になったらと思っています。