(日本語) ひととひと

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 作:カンダタ

【心の尺度は】

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 作、カンダタ 心の尺度は その時によって恥ずかしいほど変わります。 その日の始まりは優しい光りに満ちていました。 今日はいきょんとデート、デートと言っても僕といきょんは十年くらい友情で結ばれている仲、彼女のことはよく知っている。辛いこともいっぱいある、かなり問題がある困ったちゃんだけどほっとけない、今日はそんないきょんを誘ってたまには吉祥寺井の頭公園でぶらぶら散歩して美味いものでも食おうぜ、の誘いで始まった一日のことです。 約束は12時、一時間前に僕は発車前の電車に乗った。 停車中の電車で騒がしくバタバタ走り鬼ごっこをする子供、 おいおいそんなに走り回って転んで怪我するなよ、 停車中の車内は昼の陽射しが車窓から差し込み気持ちいい、いきょん痩せちゃったから今日は美味い店連れていこう、 ここで気付いた、今日はいつもと違うなんだか優しい気持ちになっている自分がいる、 電車の車内には倖田來未のポスター、普段好きでも嫌いでもない彼女の写真を見て、 意外と愛嬌ある顔しているんだな、 かわいいじゃん……なんか今日の俺、優しい! 皆がこんな気持ちなら世界中に争いなんて起きないのに、 おいらの優しい気持ち皆に届けたい、 いつしか電車も動き出し吉祥寺駅に着いたのは約束の十五分前。まだ流石にいきょんは来ていない。 今日はどんなコースたどるかな、池でボート乗って古着屋みて名物の焼鳥いせや食べて… そうこうしているうちに12時、 後発の電車が停まり人々が押し寄せてくる、満面のスマイルで迎えてあげるつもりだ ……12時15分、なんだ遅刻か、しょうがないな電話かけてみるか、繋がらない、電車乗っていて出れないのかな?よし来たら (遅いぞ、ぷんぷん)と拗ねた真似でふざけて笑わしてやろう ……12時30分、おいおい随分遅いなぁメール位くれてもいいのにな喫茶店で待つこともできないしな […]

(日本語) Language Beyond #15のレポート 2020年5月24日

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. Language Beyondオンライン読書会 方丈記 2020年5月24日(日曜日)16:30〜18:50 参加者:15名 (当日の流れ) 初めての参加者が複数名いらっしゃったこともあり、読書会は自己紹介(名前やコロナウイルス状況下で気になっていること等)から始まった。その後は「方丈記」の感想を五分程度の休憩も挟みつつ自由に話し合い、全員からのフィードバックという形で締めくくった。 (方丈記について、参加者の方々の感想) ・前半と後半で、災害のルポルタージュから文学へと変化している等、作品のスタイルに変化がある。震災やコロナ等、現代の日本もまさに無常を体験している。(Tさん) ・作品として、構成が非常にロジカルである。はかなさを表す水の泡の話に始まり、事実を並べ、そのなかで自分の選択(隠遁)を描いている。現代とも共通点がある本だ。(Uさん) ・山奥に一人で暮らせることを羨ましく思った。独りでずっといると寂しいので、他人との関わりはあったほうがいいと感じた。(Sさん) ・(鴨長明が隠遁していたことを受けて)一人は独りと一緒ではない。独り=孤立、一人=ひとりでも大丈夫、という違いがあると思う。イベントの最後に、個々の参加者の感想が聞けるとよかった。(Yさん) ・現代と鴨長明の時代と大きく違う点は、現代人は、無常観は感じていない点ではないか。改めて、本書を最後まで読んでみようと思った。(Iさん) ・コロナもそうだが、鴨長明のように独りになると、個人個人が大切なものを見つめ直し始めるように思う。しかし、鴨長明の無常観は大災害に対するもので、社会に対するそれと一概には議論できない面もある。(Kさん) ・コロナウイルスの現状について、ニヒリズムのような感覚を抱いている。その一方で、アクションを起こす、声を出していく必要性も最近感じている。(Iさん) ・飢饉の中、仏具を焚きつけにして売っている人たちをあさましいと呼ぶ描写があるが、はたしてその渦中にいる人たちにそういうことを考えられただろうか。作品が書かれた時代にあって、鴨長明もまた衰退していく貴族側の人間だったのではないか。この人が描いた歴史の向こう側にリアルなまた別の歴史があるはずだ。(Nさん) ・言いたいことは言える世の中であってほしい。鴨長明にとって、この作品は当初の予定とはまた違った書き上がりになったのではないか。(Fさん) ・鴨長明がこの時代にこういう思想のものを書いた点に感心した。本人の晩年にこれを書いたことも着目する必要がある。最後に(南無阿弥陀仏を唱えてやめたというところで)彼の人間くさい部分が垣間見えて面白かった(=鴨長明は実は悟っていない)。(Iさん) ・今回のコロナは人災か天災か、鴨長明が見た災害は人災か天災か、という点も考えてみたいと思った。(Tさん) (運営として感じた、オンライン開催のメリット・デメリット) オンライン開催をして良かったこと ・遠方の人も参加することができた。 […]

(日本語) 「人間の最大の病いは孤独です」

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 「人間の最大の病いは孤独です」 8年間務めた会社を辞めて 生活保護で暮らしている。 しかし、この一年間でニートから 随分アクティブさを取り戻した。 病院でのボランティア (今は例のアレで休止)や 公差転での例のアレによるオンライン配信、 趣味でオカリナ始めて人に恵まれ 一か月半でライブハウスの ステージデビュー(今は例のアレで休止) などなど、サラリーマン時代より イキイキ出来て、やりがいのある環境に 身を置けた(リア充です、はい)。 ベーシックインカム (政府が全ての国民に対して最低限の 生活を送るのに必要とされている額の 現金を定期的に支給するという政策) は、もっとお金が欲しい人は働いて 働きたくない人は働かないで趣味や ボランティアなど自由に生活するのだが 生活保護を受けている僕は少し […]

Posted in yf

(日本語) 『旅立ち』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『旅立ち』 シガーロスの曲が流れる。 その世界に、 逃げ込みたくなる。 母に、 シガーロスの思い出を語ろうとする場面を思い浮かべようとするが、 踏み止まる。 昔話はもう終わりだ。 実家のある、 地域での思い出は寂しいものばかり。 まるで、 全て捨て去るためにあるかのよう… 捨て去るためのもののように。 あの暖かな世界を知るまでは、 知らなかった。 これまでの思い出は全て、 捨て去って良いものだと。 それに対して後ろめたさも大きな決意も必要ないんだと。 そこにはただ優しさしかない。 暖かさ、温もりしかない。 争いはあるかもしれない。 寂しい気持ちも訪れるかもしれない。 […]

(日本語) 『卵料理好きが高じて』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『卵料理好きが高じて』 卵料理好きが高じて。 始まりは何だったか、 もう、覚えていない。 昔から半熟の目玉焼きが好きだったのはよく覚えているものの、 無性に卵の半熟に取り憑かれたのは、 いつからだったか。 もちろん、 卵焼きもオムレツもスクランブルエッグも温泉卵も好きだ。 だけど、 あの、半熟の黄身を割った時、 したたり流れるドロドロが溜まらない。 白身と合わせて食べれば、 天国行き、 そしてどんな料理(メシ)にも合う。 ビーフシチュー、 生キャベツ、 春巻き、 ハンバーグ、 ギョーザ… 何にでも合う。 挙げたりない… […]

(日本語) 『ロバーツ・コーヒー千歳烏山店にて』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『ロバーツ・コーヒー千歳烏山店にて』 苦しい。 この苦しみから逃れたいという気持ちを、 吐き出さずには居られなかった。 本当はポジティヴで、 建設的な考えが想いついたり、 成長につながるような行動をしたり、 それはつまり視力矯正の不具合の改善につながるような行動でもあり… ダメだ… また、何かが揺らいだ…。 この店は雰囲気といい、 音楽といい、 カウンター席の前の窓から見える 目の前のTSUTAYAの灯りと言い、 とても良い感じだ。 来て、良かった。 本当に、良かった。 コロナウィルスの騒ぎの影響で緊急事態宣言が出されたためスターバックスが休業中なこともあり、 こんな気分は、 久しぶりだ。 俺はこんな風にして、 日々の疲れを癒し、 […]

(日本語) 『すべてが虚しい、このまま散ってしまいたい。』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『すべてが虚しい、このまま散ってしまいたい。』 すべてが虚しい、 このまま散ってしまいたい。 僕が一番、愚かだった。 愚かなのに歌さえ歌わなかった。 叫んでいる人と、 黙っている人との違いは、 どこにあるのだろうか? 叫んでいるか、 黙っているか、 歴史に残るか、 ひっそりと生きるか。 この心がもう、 寿命が来ている、 退屈な葛藤の中に、 もう気づき始めた、 何の意味もないことに、 自分の信じる道を歩んで良いことに。 すべてが虚しい、 このまま新しい世界にいきたい。 僕はその新しい世界を知っている。 現実に、知っている。 […]

(日本語) 『最強のコーチと日本一のコーチ』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『最強のコーチと日本一のコーチ』 今のこの俺のコーチになれるコーチは、 最強のコーチだと思う。 今の俺が然るべき行動が取れるようになるためには、 俺が、日本一高い志や問題意識を持っていると感じるような知性のある人との出会いが必要だという、 直感がある。 俺のコーチになるやつも、 そんな高い志や問題意識を持てるだけの知性と実力がなければ務まらない。 いわば、 最強のコーチだと思う。 数年前、 俺にコーチングを教えてくれた師匠は、 日本一のコーチだった。 恐らく世の中には、 もっと知名度の高い、 実績のあるコーチがいるだろうが、 俺は俺の師匠が日本一だと勝手に思っている。 俺はそのコーチからビジネスコンサルティングも受けていて、 いよいよ独立しようかという話になったが、 視力矯正の不具合を抱えているため、 どうしてもビジネスの世界へは踏み出せなかった。 そして、ひきこもりの問題や、 […]

(日本語) 『揚げ物好きが高じて、今のところ』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『揚げ物好きが高じて、今のところ』 揚げ物好きが高じて、 今のところ、 皮だけ揚げた春巻きも、 バリボリと食べるようになってきた。 しかも揚げる作業を、 母に頼んで… オニオンリングもハンバーガーショップで買うと高いので節約も兼ねて、 玉ねぎを揚げて、時々作るようになってきた。 揚げる作業を母に頼んで… 母は揚げる作業にも慣れてきたと言う。 僕も母から教わり、 揚げる作業を自分で行うことができれば、 千切りキャベツを更に細かく千切る作業に続いて、 朝に新しいリズムを産み出す、 新しい習慣になるかもしれない。 新しいリズムを産み出す、 新しい習慣。 素敵な言葉だ。 毎日こんな素敵な言葉に基づいた生活を送っていれば、 幸せにならないはずはずはない、 と思う。 […]

(日本語) 『まだまだHelp!にいたるまで』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『まだまだHelp!にいたるまで』 なぜ寂しさが消えないのか。 完璧なはずだった。 ここで長い時間、 過ごしていれば良いはずだった。 でも違った。 僕は早く旅に出たかった。 留まっていたくなかったんだ。 早く出なければ手遅れになる。 午前と午後の境目。 今日も空港には人が行き交い、 飛行機は遠くへ飛んでいる。 僕もそこに行きたかった。 そこに行きたいだけだった。 こんな詩を書いているだけでなく、 もう、とにもかくにも旅立ちたい。 陽が沈んでしまう。 助けてくれっ! 寝たきりで陽射しが沈むのを待つなんて真っ平だ。 寂しすぎる。 寝たきりの人、ごめんよ。 でもやっぱり僕は寂しい。 […]

(日本語) 『トンネル』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『トンネル』 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」 (川端康成『雪国』冒頭より) (2020.04.12)

(日本語) 『不毛な対話の対義語…』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『不毛な対話の対義語…』 この苦しみから抜け出したいと想うばかり、 僕は視野が狭く、 近視眼的になっている。 この苦しみ、 視力矯正の不具合だ。 「視力矯正の不具合」という単語を文章表現に使っていけないとは、 誰も言ってない。 ただ、誰も美しいとは思わないかもしれない。 芸術的だとは、文学的だとは思わないかもしれない、もってこい。 好きな音楽について、その想いを文章に書き残しても、いいねをもらっても対話をしても、 この想いは全く解消されない。 歌わないと、 もう歌わないと出口がない。 だけど、嬉しい。 僕は歌うことができる。 歌うことによって旅立つことも、 この苦しみから解放されることも、 世界を変えることもできる。 僕だけが持っている才能、武器、希望。 アコースティックギターを持った若き日のボブディランの姿は、とても尊かった。 そこには寂しさなんて感じなかった。 […]

(日本語) 『文学は俺には簡単過ぎた』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『文学は俺には簡単過ぎた』 文学は俺には簡単過ぎた。 (2020.04.04)

(日本語) 『想定外』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『想定外』 僕に想定外なんてない。 ただ、 想定外に備える準備をしていないだけだ。 (2020.04.03)

(日本語) 『アウトプット』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『アウトプット』 「アウトプット」 してない時間が続くと、 不全感が湧いてくる。 そして、寂しい。 数年前、 とてつもない寂しさや絶望感に襲われ、 死にたいという気持ちが晴れずにいた、 人生で一番辛かった頃、 同じようにアウトプットできない、 泣き寝入りのなす術のない時間を送っていた日々。 その状況から抜け出したキッカケは自分のこれまでの人生を振り返り、文章に書いたことだった。 それはとても大きなアウトプットだったと思う。 僕は当時とてつもなく惨めな日々を送っていたと思っていたし、 これまでの人生も決して素晴らしいものだとは思えなかったが、 どういうわけか、 自分のこれまでの人生を文章に書いているうちに、次第に自信が湧いてきた。 振り返った時も、 振り返った時を思い出している今も、 僕の人生の中で一番心に残っている時期やエピソード、 というより、 一番印象に残っていて思い出したいのは、 […]

(日本語) 『突き抜ける』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『突き抜ける』 『世界の終わり』より突き抜ける。 『リンダ リンダ リンダ』より突き抜ける。 『デソレーション・ロウ』より突き抜ける。 『ブレイクオンスルー』より突き抜ける。 『ダウン・イン・ザ・チューブステーション』より突き抜ける。 『トニー・ウィリアムス』より突き抜ける。 (2020.04.02)

(日本語) 『行き場』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『行き場』 行き場がない なぜなら俺が、 頂点だから。 (2020.04.02)

(日本語) 【色彩の葬儀:パラレルワールド】

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 【色彩の葬儀:パラレルワールド】   作:カンダタ   「お客さん、お客さんどちらまで?お客さんあきまへん、夢の中まで寝てしまっては、起きてくださいな」   「安岡さん?安岡さん起きてください、安岡さん、先日の案件の報告です」   「ああ、ああ、寝ていたか、すまない、机の上においておいてください、手があいたらみておきます、」   OLたちは安岡さんは相変わらずたそがれてるよね とはなしている   安岡康二、四十八才、この男は生きていない、生きながら死んでいるようである 携帯が鳴る プルルルルル   「え?今日、俺、約束してたっけ?じゃあ、でかけるよ」   会社を出た康二はタクシーをつかまえる 「吉祥寺まで」   […]

(日本語) 『今日は耐えた、我慢した』

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 『今日は耐えた、我慢した』 今日は耐えた。 我慢した。 良いことなんて一つもない。 昼間の時間、 ゆっくり食事ができるのは貴重だ。 バリボリバリボリ、 本当はどうしたいっ? 何が食べたいか、 徹底的に考えた、 キュビズム。。 今日はデタラメに書いても何も産まれる気がしない。 ただ、ただ、早く帰りたい。 まさかこんな日になるなんて。 第一優先だった不動産物件探しで、 こんなにも不幸になってしまうなんて、 まさか、まさかの出来事だった。 でも、控えめに夕食食べつつ、 楽しむのも悪くない。 サミットにメンチがあったら買って仕舞えば良いじゃないか? サトウのメンチ買い忘れたくらいで… サトウのメンチ… […]