(日本語) 沈黙と暴力

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 沈黙と暴力   kosatenの暴力構造について話し合うつもりでしたが、その構造によってそのことができませんでした。 差別的な発言、偏見、マイクロアグレッションはどこでも起こるのですが、起こった時周りの対応がとても重要です。Kosatenではその対応が十分できていないのです。 目の前でハラスメントなどが起こっているのにそれも止めることができない。黙ってしまう文化をどうやって壊せるのでしょう。何でここまで暴力を許してしまったか? 何でここまで暴力を越してしまったか?   Kosatenって? 私は5年間以上、kosatenの運営と関わってきました。最初の頃は少人数で、近所の方、遠くからいらっしゃった方、さまざまな年齢、ジェンダー、セクシュアリティ、国籍、アビリティ(障碍)のある方が立ち上げて、コミュニティの中で表現と対話を重視するパブリックスペースとしてそれぞれの「違い」を共有し、社会的な変化につながるような場所を作ろうとしました。個人の望みとして、この場所ではそれぞれ関わる人が自分の主体性を活かして、中心がない、オープンで、有機的に展開するチームとして一緒にこのスペースを作っていくことを目指しました。社会においてさまざまな抑圧を受けている人たちがこの空間で自分の居場所を見出して、連帯する可能性を掘り探ることを願いました。   パブリックとコミュニティ Kosatenが始まる前でも長い間「パブリック」と「コミュニティ」の意味についてよく考えてきました。人間関係の中でよく安全な距離を取る者として、複数の人と共に存在する空間は怖くて、興味深いです。長くパブリックスペースを政治的な主体性として捉えて、コミュニティが共存のことと思いました。(権力によって支配されているスペースと塀に囲まれている生活でないです)パブリックは活性化するスペースであり、アクションを起こして独創力を活かす場所で、様々なアイディアや違いが衝突するところです。コミュニティは日々の暮らしで取り組む人間関係のネットワークであり、理想としてはサポートになる繋がり、近接や共通点によって生まれるものです。 パブリックとコミュニティは社会の基盤となり、理想化もされ、集団への楽観主義もある一方、矛盾でもあり、不可能なところもあり、非常にリアルな危険性もあります。パブリックはただのパフォーマンスになり、コミュニティはサインしたくない、押し付けられた社会契約になる可能性もあります。どんな人間の集まりでも権力の政治が生じ、全体主義とその他の暴力の恐れもあります。残念ながらkosatenではこの後者のほうがもう頭をもたげてきました。 都市開発や行政による「パブリックスペース」は誰に対してもオープンな場であるはずなのですが、ルールに沿って、制限の中でしかアクセスできなくて、自分の主体性やパブリックを生み出す想像力を縮小することにつながることもあるし、条件によって完全アクセスできない人もいて、そのこと自体が暴力になります。個人と集団の主体性を活かすためにある制約・権力に対して抵抗することが必要です。権力・暴力に対する抵抗自体が自律(オートノミー)への折衝であり、パブリックの本格的な姿と言えるでしょう。あるルールや規制を問いかけることで自分自身の立場を見出して、表現することも可能になるのでしょう。 それにつれてパブリック性は見られること・可視性でもあります。最近の世の中の出来事が強調するように、人によってパブリックスペースにいるだけでその人自身が非常に不安全な状況に置かれています。「パブリックセーフティ」の名前で暴力が常にお越されて、特権のある人のセーフティが優先され、「不都合の存在」への暴力が当たり前化され、結局パブリックは暴力への鈍感化・無関心・忍耐になってしまいます。   パブリック「公」は実際にkosatenの名前に反映されています。Kosatenの根本的なあり方の重要な軸となっています。誰でも自主的に作りあげられるスペースで、ヒエラルキーを壊すオートノミー、日々の生活に溢れる抑圧に対する抵抗、マジョリティーがない、ただ複数性のある、さまざまな異なる存在のあるスペースを目指しています。フェミニズムの原理を重視して、さまざまな差別と抑圧と闘うこと、暴力への抵抗自体がパブリックであることという想いもありました。提供された公園のように何ができるか何ができないかを指示するルールの長いリストもありません。私はルールが大嫌いです。ルールは曲げて、破るものと信じています。ただし、お互いのリスペクトと理解のために、それぞれの違いへの意識や配慮する環境も作ろうとしていて、「お互いを尊重するために」の宣言も作りました。ただ、この宣言があっても数えられないほどkosatenでお互いの尊重を捨ててしまうことが起こってきました。   表現の自由と民主主義 パブリックは民主主義の用語でもあります。ザ・パブリック(公衆)は市民であり、ある自治体、ある国にいる人であり、市民権、選挙権にもつながります。パブリックスペースは「ザ・パブリック」に宿われている空間であり、公衆の意見が可視化される場所であり、政治のディスコースが行う拠点でもあり、「選択肢」が勝つ場でもあります。 ただ、民主主義はすべての人に公民権を与えるわけではない。声がない人が置かれてしまい、一番大声しか聞こえない状況もあります。必ず排除されてしまう人が出てしまいます。よく「民主主義のために」根本的に反民主主義的な行動が起こされています。デモクラシーの原理の一つとして誰でも自分の意見が言える、自由に自分の考え方を表現する、どんな思想でも正当性があり、言語化される「権利」があるという立場があると思います。 しかし、「表現の自由」(また消費する自由)はよく何もより優先され、自由とデモクラシーのすべて象徴するものとして取れあげられています。人権、正義、尊厳、事実、参加度などなど他の側面あるのに。この自由がすべてであれば人を傷つける意見、他人の存在自体を否定する立場、他人の基本的な権利を奪う考え、他人のジェンダー、セクシュアリティ、人種、国籍、障碍に関して決め付ける発言を自由に発声してもいいというスタンスになるのでしょう。そんな自由と民主主義を求めているでしょうか?? […]