(日本語) Being(Between)

between

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Being(Between)

私とあなたの間に何が存在するでしょうか?ただの空気としてとられるのですが、実はほんの少しの隙間でも大海原になり、越えられない壁でもあります。自分自身の価値でその隙間を埋め込むという要求も逆にその空間を拡大してしまう効果もあり、何かのスタンダードがあるという妄想も社会によって構築された障碍を生み出してしまいます。他者の目を通してみるという想像力が足りなければ、障壁が自然に形成されます。

 

一方、このズレは創造力と可能性の空間でもあるので慌てて埋めようとする必要がないのですが、ギャップの存在自体を認識し、その間に衝突とシンクロニシティのねじれた線を織り込むことが重要です。親近感とウンハイムリッヒ(不気味さ)の間で振動することで個人として新しい基盤、新しい居住環境がみつけられます。知らないものを遭遇すること、今まで見えていない観点を垣間見ること、植民地化して、消費するのではなく、尊重し観察し、対話すれば異物と自分の摩擦は知恵とラーニングの会得につながるでしょう。

 

差異があることによって私たちのそれぞれの存在が可能になります。「その間にある空間」によって私たちが作りあげられ、形になるのですが、その空間が測られたり、カテゴリー化されたり、その任意の価値によって私たちにラベルをはられることもあります。人それぞれの異なるニーズもあるし、それぞれの関心とスキルが無数の道として広がっているのに、社会的構造はこのみちを無理やり狭い回路に収束させようとしています。結果として多くの人が何かの壁を感じています。しかしそれは私たちの中の限界ではなく、私たち周りの世界の制限です。

 

Being(Between)

Being(Between) はさまざまな異なる背景や経験を持つ方との支え合いのネットワークであり、信頼性、リスペクト、コミュニケーション、個人のニーズと、それぞれの異なる事情を認めることを通して私たちの間にある空間を渡れる繋がりを育み、私たちのありのままで居られる、これからなりたい自分への道に踏み出す勇気を一緒に作り出します。

 

日本語で言えば「ケア」は福祉、支援を提供する側、支援を受ける側をはっきりわけて、何かの上下関係を提唱する言葉になっていますが、それよりもより幅広い意味があります。何かに関心を持つこと、何かに不安を持つこと、何か気になることという意味もあります。誰でもケアが必要で、人生はサポートを受けながら知らないことに向き合うことと言えるのでしょう。

 

感情労働においてケアは歴史的に性別分業されて、「家庭」という領域に置かれて、無償であまり価値を持つ労働とされてこなかったのですが、現在はますますビジネスとして民間化され、アウトソースされているものになっています。しかしケアが規制されることで、根本的に重荷や「非生産性」としてケアを認識している実用主義によって決められている分類化の中でそれがさらに階層化され分離されます。

 

ケアがピンポイントされることとつれて隔絶されることも起こっています。例えば子ども、障碍を持つ方、高齢者、ある種のケアを必要としているグループが特定な場に割り当てられます。また難民、ホームレスである方、DVの被害者、ひきこもりの状況である方、NEET、移住労働者など(カテゴリー化してしまうこと自体もよろしくないのですが)、自分のニーズがマイノリティ性を持つとされている人は自分のニーズに対応してくれる、数が少ない場所を探すことで見えない存在であると感じさせられています。

 

私たちのそれぞれの居場所、心地よい場所、所属感がある場所、安全で避難できる場所を確保するのがとても大切だと同時に、私たちを固定させ、選別する構造から脱臼させることも重要です。それぞれの人を絡み合うケアと感心事の横断面を作りつつ、私たちのケアが相互接続し、お互いに切り離すことができない状況であること、またお互いの人生をより豊かにするためにどのようにともに「居られる」かということに対して意識を高めていきたいと思います。

 

ケアは一点で集まると他のところに届けないでしょう。ある場所があまりにも快適だと他の場所に行く特は不安になります。社会はあるグループのラベルをはることでそのグループのウェルフェアに対する責任を隔離し、個人の多様なニーズを上下関係になり、制限がある「枠」に当てはまれ、その結果としてケアの空間的な分節が起こります。

 

さまざまな点をつなげる行き来する線、ネットワークとしてBeing(Between)は単なるラベルや枠を超える、個人のエンパワーメントや自己決定の可能性を持つ支流を探りながら、コレクティブで相互的なケアを育みたいです。人間の条件である根本的な相互依存というレンズをとおして「自立」とは何かを見直して、私たちそれぞれ生きていきたい形をサポートしたいと思っています。

 

このように私たちの声のためのプラットフォームと回路をともに作り上げ、私たちの存在を表現していきます。創造力・想像力、クリエイティビティを自分内外の世界を反映する、もうひとつの可能性を想像する、今まで見えてこなかったことを可視化するエネルギーとして重視していきます。横断的なピアサポートによってそれぞれの表現の場、聞き合う場を少しずつ形にします。

 

 

有機的な横のつながりによるネットワークを促進することで個人の声のための舞台を増やし、地域の中でともに生けるための共有スペースを展開し、ケアする人のケアを含めて、個人のケアの可能性とニーズに対する意識を深めていきたいと思います。

 

経済的な再生産を中心として価値つける社会では「何かをやらないといけない」というプレッシャーが圧倒的ですが、Being(Between)は「何かをする」より「ありのままでいる」ことを重視したいのです。この枠その枠をチェックしなくてもいい、何かの固まった形にあてはめなくてもいい、あっちとこっちの間、その隙間で存在すること、being betweenのことを尊敬したいのです。他の人の期待を満ちなくても、自分の可能性を自分なりに実現し、いろいろな方向で交差しなから日々の生活を一緒に送ることがBeing(Between)の姿です。

 

 

Being(between)

What is it that makes up the space between? It may seem like merely air but in fact the merest gap may be vast oceans or impenetrable walls. The demand to close that gap by our own value serves to widen it, and the delusion of a set standard serves to socially construct disability. When we lack imagination to see through someone else’s eyes barriers are naturally formed.

 

Yet gaps are also a space of creativity and possibility, we should not be in a rush to fill them in but to recognize they are there and spin a set of ever twisting lines of collision and synchronicity across these. In an oscillation between familiarity and the Umheimlich – the not-being-at-home, we have the potential to find new ground, new environments to inhabit as individuals. To encounter the unknown, to glimpse an unseen perspective, to brush in friction with another material is what offers us our source of knowledge and learning, not to be colonialized and consumed, but to be respectfully observed and engaged in dialogue with.

 

Difference is what makes us who we are. We are created and defined by “the space between”, but all too often this space is measured and categorized only for us to be allotted a label depending upon its arbitrary value. Each of our needs is different, each of our concerns and abilities diverge across innumerous paths, but the structures of society attempt to converge these along narrowly-conceived circuits which place many at a disadvantage. It is not us whom are limited it is the world around us!

 

Being(Between) is a collective network of mutual support between people of diverse backgrounds and experiences, fostering links across the space between us through trust, respect, communication and recognition of our individual needs and different situations, allowing each of us to be as we are and set out on our path of who we want to be.

 

In Japanese care instantly indicates welfare, a hierarchal relation between care giver and care receiver, but it also means “concern” both a disquiet and an interest in the other. We all require care, we all need to experience uncertainty and support in order to fulfill our human lives.

 

In terms of affective labor this care has historically been gendered and designated to the “domestic” realm, largely unpaid and undervalued, and now increasingly privatized in business terms and outsourced. Yet as care is regulated it becomes ever more stratified and segratory in its categorization determined by a pragmatism which essentially views care as a burden and “unproductive”.

 

As care is “localized” it is also isolated, groups designated as requiring a particular kind of care – children, people with disabilities, the elderly are designated to specific spaces. While at the same time those whose needs are designated in the minority, such as refugees, homeless people, DV victims, people in a state of hikikomori, NEET and migrant workers etc. (such categories are of course insufficient) are often made to feel invisible as they search out the very few spaces available to them.

 

It is important for all of us to find our own space, a sense of comfort, belonging, safety and refuge, but also important that these are dislocated from hardened structures which close us off from one another. Fostering a cross-section of intertwining cares and concerns, we aim to raise our consciousness of how our cares are interconnected and inseparable from each other, and how we can “be” together to enrich each other’s lives.

 

If care is concentrated in one spot then it fails to reach elsewhere, if we are too comfortable in one location then we experience discomfort when in contact with somewhere else. The spatial division of care is a result of society labelling a group in order to isolate responsibility for that group’s welfare and pushing individual, diverse needs to fit hierarchal, and restricted compartments.

 

As a network, a traversing of lines which connect many dots, Being(Between) hopes to offer

collective mutual care which moves beyond such labels and easily defined compartments, rather exploring expanding tributaries of choice which empower the individual in informed decisions and self-determination. In this way we redefine independence through the lens of fundamental inter-dependence of the human condition and aim at supporting each other to live as we wish.

 

Following this we also construct together a platform and circuit for our voices, to express who we are. Creativity being the energy by which we reflect the world within and around us, imagine other possibilities, and visualize what has been hereunto unseen.

 

In nurturing organic, horizontal networks of support we hope to provide more outputs for each individual’s voice, more shared spaces of living together in the community and more awareness of our individual care potential and requirements, including importantly care for carers.

 

In a society so driven by economic production, we all have the pressure to do something, but Being(between) first and foremost values being not doing. It hopes to be a support structure which allows you to be as you are. We do not have to check one box or another, we do not have to feel the pressure to fit a certain mold, we can be-between.

Supporting each other in realizing our potentials without having to conform to someone else’s standard, setting our own expectations and pursuing our everyday life in intersection with each other.