(日本語) 『揚げ物好きが高じて、今のところ』


Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

『揚げ物好きが高じて、今のところ』

揚げ物好きが高じて、
今のところ、
皮だけ揚げた春巻きも、
バリボリと食べるようになってきた。

しかも揚げる作業を、
母に頼んで…

オニオンリングもハンバーガーショップで買うと高いので節約も兼ねて、
玉ねぎを揚げて、時々作るようになってきた。
揚げる作業を母に頼んで…

母は揚げる作業にも慣れてきたと言う。
僕も母から教わり、
揚げる作業を自分で行うことができれば、
千切りキャベツを更に細かく千切る作業に続いて、
朝に新しいリズムを産み出す、
新しい習慣になるかもしれない。

新しいリズムを産み出す、
新しい習慣。

素敵な言葉だ。

毎日こんな素敵な言葉に基づいた生活を送っていれば、
幸せにならないはずはずはない、
と思う。

でも、
素敵な言葉だけが並んでいる文章に、
物足りなさを感じる繊細さも身につけてしまったのでそこに安住はできない。

だから視力矯正の不具合という、
人生で抱えてしまったシンドイ悩みを言葉にして加えてみる。

このシンドさはなかなかオシャレな雑誌置き場や雑貨屋さんに並べるわけにはいかない。
このままマクロビ生活を、
セレブな生活を、南国生活を、
満喫するだけではまだ物足りない。

いやなんとなく、
視力矯正の不具合による苦しみも、
お肌の悩みや運動不足と同じように、
オシャレな雑誌置き場や雑貨屋さんに並べられそうな気がしてきた

ヨガをやっているうちに、
素材にこだわった食事をしているうちに、
改善しそうな気がしてきた。

分からないものだ。
これも新しい夜明け、
新しいステージ。

いつのまにか、
峠を越えた?

長い夜の可能性。
非、生産的だと思っていた、
眠れぬ夜の、クリエイティヴィティー。

こんな夜を抜けた一行目から始まる、
小説を遺してみたいものです、

ヒャッホォォォォィィィィ。
(2020.04.12)