関わっている人

Ema Oh

em

聴き手である。何か話してみたいことがあれば聴かせてください。

Hibiki Sano
sano
グラフィックデザイナー。マルプデザイン所属。対話や議論の深まりを阻む思考習慣に興味を持ち、2015年2月「対話の実験室」を始めました。
Midori Miyakawa
midori
東京芸術大学院在学中2014年からdislocateのプロジェクトに参加しています。現在、アートとフェミニズムについて論文を執筆中です。アジア地域のオルタナティブスペースに興味があります。
 
 
Tokin
tokin
アーティスト、イラストレーター。 心理やメンタルヘルス、社会などを主なテーマに、柔らかな心象風景を描く。 自身の制作の他、「カウンター達の朗読会」ではライブペイントメンバーとして活動。二人の詩人と共に、生きづらさやメンタルヘルスについて朗読と絵で表現活動を行っている。 解離性障害、双極性障害との日常を描いたフリーペーパー「ゾンビ道場」を不定期発行中。 正常と異常、夢と現実、希望と絶望。その境界から見る世界は何色? http://tokinweb.jimdo.com/

 

Jong Pairez

jong

Ken

ken
Wrap、当事者研究、コーチングなどのメンタルヘルスが大好きです。興味がある方はお声掛けください。ライフワークとして私のような生きづらさを抱える人が社会とどうつながることができるのか
を探求していきたいです。

Ion Yamazaki

ion
吉祥寺のプレカリアート代表。公差転にはちょくちょくお邪魔しています。どのようにしてよ
り良い社会を作れるかということに興味があります。

Takuya Shimada

shimada
神奈川県生まれ。

Susumu Tada

tada