Language Beyondブッククラブ

いつ:
6月 30, 2019 @ 4:30 pm – 6:30 pm Asia/Tokyo タイムゾーン
2019-06-30T16:30:00+09:00
2019-06-30T18:30:00+09:00
どこで:
あなたの公-差-転
料金:
無料
Language Beyondブッククラブ @ あなたの公-差-転

Language Beyond
6月30日(日)16:30-18:30
持ち物:テーマ【変わる?/Change(s)?】から思いつく本を1冊お持ちください。文学(フィクション)がベストですが、何でも大丈夫です。
*テーマについて*
あなたの公-差-転のブッククラブ「Language Beyond」は、2017年にスタートし、今年の春で1周年を迎えました。
2ヶ月に一度開催してきたこのブッククラブでは、①文学(フィクション)を読むこと、②参加者の持ち回りで本を選ぶこと、③文章を読んで感じた一人ひとりの感覚を大切にすること、④多様な意見を認めあうこと…などを大切にしてきました。これまで、さまざまなひと・本・意見・感覚との出会いがあったように思います。
6月のLanguage Beyondはスペシャル回として、ふだんと違う試みをしてみます。今回は、参加されるみなさん全員で、本を1冊ずつ選んで持ち寄ってみたいと思います。一つだけ、本のテーマを決めます。
本のテーマは→【変わる?/Change(s)?】です。
〈変わる〉という感覚。〈変わらない〉という感覚。わたしたちは、今の自分の身体や感覚というあいまいな立脚点に立ちながら、世界や時代、自分自身や他者をながめます。そして自分をとりまくものや自分自身が、変わったこと・変わらないことに気づきます。
〈変わる〉ことは、時には未知の世界へのあかるい希望を抱かせるものでもありますが、時には自分自身や他者、周りの世界に変化を強制する、恐ろしい力にもなりえます。あなたにとって〈変わる〉ことは、どんな感覚をもたらすものでしょうか。
子どもの頃から、変わったもの/変わらないものはあるでしょうか?
自分をとりまく世界は、変わったでしょうか? 変わらないでしょうか?
これからの世界はどう変わるのでしょうか? あるいは、どう変わってほしいと思いますか?
いまここにいる〈わたし〉から変わりゆく世界/変わってしまった世界に向けて、あるいは世界から〈わたし〉に向けて、どんなことばが投げかけられるでしょうか?
これはヒントの一例にすぎませんが、こんなことに思いをはせながら、本を紹介しあってみませんか? はじめての方、ちょっとお試しで参加される方も大歓迎です!