『まだまだHelp!にいたるまで』


『まだまだHelp!にいたるまで』

なぜ寂しさが消えないのか。

完璧なはずだった。

ここで長い時間、
過ごしていれば良いはずだった。

でも違った。

僕は早く旅に出たかった。

留まっていたくなかったんだ。

早く出なければ手遅れになる。

午前と午後の境目。

今日も空港には人が行き交い、
飛行機は遠くへ飛んでいる。

僕もそこに行きたかった。

そこに行きたいだけだった。

こんな詩を書いているだけでなく、
もう、とにもかくにも旅立ちたい。

陽が沈んでしまう。
助けてくれっ!

寝たきりで陽射しが沈むのを待つなんて真っ平だ。
寂しすぎる。
寝たきりの人、ごめんよ。
でもやっぱり僕は寂しい。
そして今日も陽が暮れるのを見送ってしまう。

本当に寂しい。
寂しい、
寂しい…

暖かい光よ…
こんなにも、
暖かい光よ…

我に…
(2020.04.06)