kosatenの想い

kosatenの想い

71145341_673611993161373_1068649096593539072_n

 

kosatenは、誰でも参加することが出来、皆で作り上げていくパブリックスペースです

kosaten is a public space – open to all and created by all

 

多様な声が対等に発せられる舞台をもつ場所

it is a space for plural voices to find an equal platform

 

人と人との違いを認めて、差異を歓迎する場所ですが、違いを対象化しません

it recognizes and welcomes difference but does not want to objectify people for this or consume difference

 

社会から排除された人、弱い立場におかれている人のためのセーフスペース

it extends a safe space to those who feel excluded and vulnerable in wider society

 

ここでは隣の人が自分とちがう国籍、言語、ジェンダー、セクシュアリティ、障がい、宗教、政治的なスタンスがあるということをいつも意識したいと思います。そして、その違いは見た目で判断できないということにも注意を払っていきます。

it asks all visitors to keep in mind that the person next to them may be of a different nationality, language, gender, sexuality, (dis)ability, religion, political position etc. to oneself and this can not easily be judged on appearance!

 

日々の暮らしの中で直面する差別や偏見に取り組む場所です

it aims to tackle prejudice and discrimination faced in everyday life

 

お互い支え合う場所として自由な表現と積極的な対話を大事にしています

it is a space of mutual support  – for free expression, engaged dialogue and passionate argument

 

 

意見の対立やつかり合いからいろいろなことが学ぶために、一方的に自分の意見を申し付けるのではなく、どうして自分と意見が違うのか、相手に質問してほしい。

conflict of opinion is welcomed but exclusionary, uni-directional remarks  are not

 

意見の衝突は必ず起こります。この事実からにげられないのです。価値観や立場が対立になる時にキレイに片付けるより、その場で徹底的に議論していきたい

collisions of ideas are inevitable and not something to run away from – when our values and positions clash we will make time to rigorously debate these differences rather than avoiding disturbance

 

 

 

複雑で重たい問題も避けませんが、その問題に触れる時集まっている方の多様な背景や事情を意識(想像・確認)しながら話を進めます

we will not flinch from difficult questions but will be mindful of the situations and backgrounds of those present when bracing such subjects

 

当たり前と思っていることがひっくり返される場所で、まったく違う世界観に触れる機会になる

it is where our assumptions are challenged and we can gain a different world view

 

他人と時間と空間を共有することで、もう少しお互いのことを理解でき、自分自身に対してもいろいろな質問が湧いてくる。自分と向き合う場所でもある。

it is a place to share time and space together and to understand each other a little bit more and raise more questions to ourselves

 

難民、移動労働者、LGBTQのコミュニティ、フェミニズム運動、障がいを持つ方の運動、高齢者、ひきこもりの状況である方、ホームレスの方、抑圧されて生きづらさを感じている方との連帯を表明します

kosaten states its solidarity with refugees, migrant workers, the LGBTQ community, the feminist movement, people with disability, the elderly, hikikomori, homeless and those struggling from oppression

 

 

人間関係を大事にして、kosatenの活動を通してお互いの関係性をもっと深めたいです

kosaten places value on human relationships and hopes to nurture these relations through its activities

 

お金のやり取りに基づいて関係をつくるのをできるだけ避けたいです。資本主義経済以外の方法で知恵、資源、個人が持つ力をシェアしたいのです。

it resists the monetary valuation of relations and seeks to find means outside the capitalist system to share our knowledge and resources, and most importantly our humanity

 

矛盾を持ちながら、クィアである、カテゴライズされない存在としてのインターセクショナルな交差点です

it is a queered space of intersectionality and contradiction

 

意思決定はディスカッションを通して行います

decision making will be performed as much as possible through discussion and hearing out everyone’s opinion

 

kosatenでの活動に関して提案がある方がもう一人のメンバーのサポートが得らればアイディアを実現できます。(ただし、そのアイディアに反対する人がいましたら意思決定のプロセスが必要)

if someone has a proposal for something they want to do at kosaten then as long as there is one more supporting member then they can realize their idea (but if there is opposition to the idea it will be directed to a decision making process)

 

考えていること・感じていることを共有して意見をフィードバックすることを大事にしています。意見があったら黙る必要性がありません

everyone is encouraged to speak their mind or feedback their opinion in some form – it is better to say something than leave what you are thinking unsaid

 

批評的なディスカッション・議論を深めたい場所なのですが、個人・人格への批判・攻撃の場所ではないのです

criticism and critical debate are encouraged – but attacking someone personally is not tolerated

 

kosatenは共同運営という形で活動しています。リーダーもいない。権力を持つ人はいない。所有する人もいない。それぞれの関わりたい人が他のメンバーと連携しつつここで活動できます

kosaten is run through a cooperative – there is no leader – no authority – no ownership – each individual who wishes to contribute to kosaten can do so in dialogue with all other members

 

 

いま起こっている問題に対し、本や文字だけの知識ではなく、直接出会い、話す事で、実体験として向き合える場所です。

A place to confront current issues not just through the knowledge of words and books but through direct encounter and discussion

 

矛盾だらけ、カオスの中で、悩みながら、ともに生きることを祝福する場所でありたい。

A place to celebrate living together in contradiction, chaos and confusion.

 

差異があることによって生まれてくる敵対性の具体的な現実として表現されている複数性の矛盾を認識しながら、理屈や倫理によってコンフリクトを解決することができないと思っています。コンセンサスや平等が実際に存在しませんが、敵対的な的より刺激的な敵対者の存在に信じて、ディセンサスの中の友情を可能する環境を作ろうとしています。

While Kosaten acknowledges the paradox of plurality which is expressed in the concrete reality of antagonism between differences, it is important to consider that conflict cannot be resolved rationally and morally. There is no such thing as consensus and optimistic equality, however, Kosaten believes that instead of antagonistic enemies there is such thing as agonistic adversaries. Thus, Kosaten nurtures an environment for friendship in dissensus.

 

kosatenは脱中心の仕組みで活動していくことを目指しています。それぞれのイベントの企画者は自由に企画してもいいです。

Kosaten values decentralization. Each events and activity programmers should manage their own affairs.

 

パブリックスペースであるkosatenは上下関係を支えてしまう社会構造に制限されているわけではありません。kosatenは社会の規範から避難できるスペースであり、活動を通して既存の社会的な関係を超える可能性を探っています。

Kosaten as a public space is not bound behind the notion of the social which legitimizes hierarchical relations. In contrary, Kosaten is an antisocial space that continues to question transcendent forms of social relations.

 

 

kosatenは不安定である状況、プレカリアートを改善したり、否定したりするではなく、認め、実際に体現しています。

Kosaten acknowledges and embodies precarity not to reform or deny it.

 

kosatenは私たちのプレカリアートの知識や経験を共有するためのクリティカルなスペースを提供します。kosatenでは競争の圧力に抵抗する方法を一緒に学んで、お互いを支え合って、ケアする方法を身に着けます。

Kosaten provides a critical space for us precariats to share our knowledge and experiences. At kosaten, everyone learns together to fight against unhealthy competition and learns how to take care of each other.