『卵料理好きが高じて』


『卵料理好きが高じて』

卵料理好きが高じて。

始まりは何だったか、
もう、覚えていない。

昔から半熟の目玉焼きが好きだったのはよく覚えているものの、
無性に卵の半熟に取り憑かれたのは、
いつからだったか。

もちろん、
卵焼きもオムレツもスクランブルエッグも温泉卵も好きだ。

だけど、
あの、半熟の黄身を割った時、
したたり流れるドロドロが溜まらない。

白身と合わせて食べれば、
天国行き、
そしてどんな料理(メシ)にも合う。

ビーフシチュー、
生キャベツ、
春巻き、
ハンバーグ、
ギョーザ…

何にでも合う。

挙げたりない…

しかし最近は、
半熟の目玉焼きでも黄身のドロドロ感が物足りなくなり、
生卵を割ってその中に生キャベツを入れて混ぜ、
そこに色々な料理を入れたりしながら楽しんでいる。

いろんなタレをつけつつ。
何でもかんでもぶっ込んで、
あらゆる味を混ぜ合わせ、
飽くなき飽くなき、
楽しく、辞めることが出来ず、
そして虚しい時間。

意味を求めたら終わりだ。

もっと恥ずかしいこと、
もっと人には言えないこと、
あえて言葉にする必要ないが、
言葉にしなければ、
共有できない。

鳳凰の卵、求めなくても、
今のまま、このまま、
無限の楽しみが広がっている。

カウンター席に腰掛けて、
天井を見上げる。
目を閉じれば、
無限の空が広がっている。

すぐにもあそこに戻っていける。。

卵好きが昂じて、
いつのまにか、
春巻きバリボリ、取り憑かれてる。

(2020.05.06)