Radio Kosaten

radio
(English is below)古代の東南アジアでは島々が多い、複雑な地理を形にした特別な船がありました。バランガイというシンプルな船が細かくまで解体されている土地の間のネットワークを作り出して、さまざまな異なる文化を結び付けました。Wilhelm Solheim IIという考古学者がこのネットワークを「Nusant Maritime Trading and Communications Network」と呼んでいました。このネットワークを通して多様な文化がダウンロード、アップロード、アイディア・カルチャー・商品を共有することができ、現代のインターネットとあまり変わらないかもしれません。

今日Radio Kosatenはこの船と同じように現代の領域を形にする道具として使っていきたいと思っています。言語、境界線、ヘイト、軍事化、人種差別を超えて、多様性、連帯性、尊厳、アイディア、自由があちこちに流れるようにラジオ電波をネットを通して配信したいと思っています。

In prehistoric Southeast Asia there was a vessel that was instrumental in shaping its very challenging geography. This vessel was known as Balangay, it is an outrigger canoe that helped shape the unique geography of Southeast Asia by connecting different cultures into a mesh of network despite being divided by vast oceans. This network is hypothesized by archaeologist Wilhelm Solheim II as the Nusantao Maritime Trading and Communications Network. Through this network diverse cultures were enabled to download, upload, and share goods, ideas, and culture. This is familiar to us now, however different, as the Internet.

Today, Radio Kosaten will embody this vessel as a potent tool in shaping our contemporary geography by allowing to flow diversity, solidarity, dignity, ideas, and freedom that is currently blocked by enclosed language, borders, hate, militarism, and xenophobia. This radio project that thrive in the Internet will symbolically sail into the high seas to perform the culture of possibility in aspiring a better world.

**Radio Kosaten #18: NO LIMIT Seoulレポート**

11月12日14時から放送します。

Radio Kosaten #17 敬語**

Radio Kosaten#16 他人・外の社会と離れたい気持ち

Radio Kosaten#15 カンボジア技能実習生のためのネットワーク

8月20日18時から放送します

本日のRadio Kosaten#15 カンボジア技能実習生のためのネットワークの放送は18時過ぎから始まります。番組が始まったら最初の30分くらいはクメール語で行います。19時以降は日本語と英語で行います。

Radio Kosaten#14

Radio Kosaten#13

Radio Kosaten#12

Radio Kosaten#11

Radio Kosaten#10 だめ連

Radio Kosaten #9

Radio Kosaten #8

Radio Kosaten #7

Radio Kosten #6

Radio Kosaten #5